商品規格書 寒さわら 炙り焼

商品名寒さわら 炙り焼
原産地中国南海
加工時期
主要販売時期
漁法巻き網 船凍品
年間加工量20~30トン
加工手順船凍品の寒さわらを殆ど冷凍状態でロイン加工→金属探知機2回検査→冷凍状態でガスバーナーレーンで1回めの炙り→ガスグリルで2回めの炙り→ガスバーナーで皮目に焼き目を完全に入れる→冷やし込み→真空→急速凍結→背身腹身各1枚セットで計量→外袋シール→金属探知機2回検査→最終検品→梱包→保管
規格・入数背身腹身各1枚真空 1袋500g以上×16袋
解凍方法パックのまま氷水(氷温)解凍か流水解凍(半解凍でカットしやすい)
用途刺身 寿司ネタ マリネ風 和食洋食中華
セールスポイント12月1月の脂の多い時期(寒さわら)のみ限定で仕入れし、少しの解凍状態で炙りまで仕上げています。調味液、塩等の添加物は一切使わず、口の中に入れると寒さわらの旨味と、豊潤な脂が口の中に広がり、旨味を増幅させます。1袋に背身と腹身を各1枚入れて、1袋単位で販売できるので、バラ売りでも計量する手間が要らず、販売しやすい形態で、お客様も簡単に調理できます。
寒さわら 炙り焼寒さわら 炙り焼

企業情報

総販売元/お問合せ
〒791-8016 愛媛県松山市久万ノ台3-7
TEL:089-925-8825 FAX:089-923-6716
担当者:志村 重信
 

商品お問い合わせ